あなたの未来をタロット占いやおまじない〜未来は絶対〜

手

占いの歴史

タロットカード

占いには歴史がある。それをちょっと紹介していこう。
まずは、我が国日本からだ。
日本は昔は祈祷師による占いで政治が行われていた時代がある。一番有名なのは邪馬台国の卑弥呼だろう。この時は、獣骨や亀の甲羅を火で炙り、その時に入ったヒビにより吉兆や凶兆が占われていた。今となっては考えられないかもしれないが、昔は今より人は信心深かったのだ。
他にもエジプトには紀元前から占星術に使われていた星図が確認されているが、この時侵略を受け、ヘレニズム文化と合わさり、今の占星術の元になった。中国の方でも手相や人相を見て占う易というものが有り、これも世界各国に広まった。
中でも一番謎が多いのはタロット占いだ。
そもそもタロットカードは本来は占いの道具ではなく、カードゲーム用のものとして15世紀頃作られたものだ。しかし、いつの間にかカードは占いに使われるようになり、タロット占いはほんとうにいつの間にか世界に浸透していた。
タロット占いの起源だが、実はこれは未だに解明されていない。タロットカード自体はイタリアで作られたものらしいが、そもそも誰が占いとして使い始めたのか、どこの国から始まったのか。そう行った記憶がどういうわけかどこにも存在せず、2014年1月現在でも謎のままである。
この国が起源だ。という学説はいくつか上がったらしいが、どれも根拠としては弱く、完全に言い切れるものはない。
なのでタロット占いは名実ともにミステリアスな占いとして存在している。